ケノンかトリアか家庭用脱毛器の悩みは尽きない
家庭用脱毛器ならケノンっていうけどトリアも気になる結局どっちが幸せになれるのか
  • HOME >
  • VIOのレーザーは涙がでそうになるほど痛い

VIOのレーザーは涙がでそうになるほど痛い

私が脱毛した個所は、「両脇」と「V・I・O」です。
一番最初に来店した時にはカウンセリングを受けました。もともと友達がV・I・Oを脱毛していて自分でもやってみたいなと思っていたので、
思い切って「V・I・O(両脇無料)」のプランにしました。料金はざっと8回分で8万円くらいだったかと思います。
最初のカウンセリングから少し経ってから初めての施術をしました。
1回目は自己処理をしてこなければならないことを知らず、脇・V・I・Oともに毛がボーボーのまま施術を受けてしまいました。
結局毛が生えたままだとレーザーを当てることができないので、一回分無駄にしてしまいました。
しかも、脇を人に見せることもかなり恥ずかしいですが、いつもは絶対に人に見せないデリケート部分を見せることがとても恥ずかしかったです。
相手は慣れっこだといっても、かなり勇気がいる行為です。
しかも、レーザーを当てる瞬間はかなり痛いです。お店の方が「ちょっと痛いですよ」と声をかけてくれますが、
正直ちょっとではありません。涙がでそうになるほどです。
また、いつもならしないV・I・Oの自己処理も結構大変です。あまり剃刀でそりすぎると赤いぷつぷつができてしまいますし、
きれいに剃ってもそのうち伸びてきてかなりチクチクします。
その辺も慣れれば問題はないですが、最初のうちはストレスに感じるかもしれません。
脇に関しては、施術を繰り返すうちに毛が伸びてくるスピードがかなり遅くなりました。
1回剃ってから1週間くらい剃らなくてもいられるときもありました。
V・I・Oに関しては、正直そこまでの変化はありませんでしたが、毛の量は施術前に比べて少なくなり毛質も柔らかくなりました。

お店の方もV・I・Oの毛は効果が見えずらく、回数を重ねる必要があるとおっしゃっていました。
もし機会があれば、脇、V・I・O以外の箇所(腕や足、背中など)にもチャレンジしてみたいと思います。

メニュー