ケノンかトリアか家庭用脱毛器の悩みは尽きない
家庭用脱毛器ならケノンっていうけどトリアも気になる結局どっちが幸せになれるのか

ケノンかトリアの比較ポイント

決して安い買い物とはいえない家庭用脱毛器、ケノンかトリアで悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

私はそもそもお金を貯めて脱毛サロンで脇と脚、腕までの脱毛をして貰うつもりでいました。でもミュゼで脱毛を済ませた友人によると「脱毛しても完全に生えてこないわけじゃないよ」とのこと、更に、脱毛サロンだと後から毛が生えてきた時にまたサロンへ行くのが面倒、だから家庭用のフラッシュ脱毛器をくためにいまお金をためてるのだとか。

 

サロンへも20万円以上お金を使ったので今は金欠状態って言うじゃないですか。
それを聞いて脱毛サロンへ通っても完璧じゃないのならいっそのこと家庭用脱毛器でもいいんじゃない?って思ったんです。

 

ケノンやトリアのような本格的な脱毛器なら家庭用でも十分脱毛できるってネットの口コミだけでなくリアルな知り合いも言ってたし、ということでサロンへは行かずに家庭用脱毛器で脱毛することにしました。

 

でもケノンにするべきかトリアにするべきかは非常に迷うところ。
ではケノンとトリアの違いについてまとめましたので参考にして貰えればと思います。

ケノンの特徴

ケノンは日本で一番売れてる家庭用脱毛器です。方式は光脱毛(フラッシュ式)の脱毛器です。
光脱毛といえばもう説明いらずかもしれませんが、ほとんどの脱毛サロンで採用されている脱毛の方法です。ミュゼやシースリーや銀座カラーといった有名ドコロもこの光脱毛を採用しています。

パワーが強く脱毛効果が優れている

ケノンの人気の理由は私はパワーの強さだと思っています。はっきりいって脱毛サロンで使ってるフラッシュよりもパワーはケノンの方が上だと思います。
その理由は脱毛サロンへ通ってる人よりも私のほうが脱毛効果が現れるのが早かったから。

 

実際使ってみるとわかりますがケノンのパワーはなかなかのものです。ケノンはレベル10までパワー調整ができるのですがレベル7以上になるとアイシングなしでは赤く炎症するくらいのパワーがあります。
一度横着をしてアイシングをサボった事があるのですが薄っすらと赤く炎症させてしまいました。

 

ケノンのレベル7でどのくらいの効果があるかというと私の場合、すね毛は一回の照射で半分くらいが抜けました。口コミを見てて3回目とか4回目くらいから抜けてきた、という口コミを見ていたのでそんなもんなんだろなーと思ってましたが一回の照射で抜け始める、という効果の速さには驚きました。

 

個人差はあると思いますが、ケノンはそんな感じでサロンにも負けないくらい(個人的にはサロン以上だと思ってるい)のパワーがあります。
やっぱり脱毛器だから抜けるか抜けないか、が最大の焦点であることは間違いありません。

 

ケノンが一番売れてるのは間違いなくパワーが強くて効果がしっかりあるところだと思います。

カートリッジが長持ち

フラッシュ脱毛器のカートリッジには寿命があります。ケノン以外の脱毛器でみるとだいたい5万ショット前後と言ったところが回数の目安なのですがケノンの場合20万ショットと長寿命になっています。ワンショットあたりのコストが断然安いんですねケノンは、このあたりも商品選択の大きな魅力です。

 

20万発でどのくらい脱毛できるかというとエクストララージカートリッジを使った場合、全身脱毛(脇、顔、腕、脚、Vゾーン)14回分使える計算になるそうです。しかもレベル10で
ケノンのレベル10はかなりのパワーなので私は使ってませんが、レバル5なら倍の全身脱毛28回分ということになります。

 

これだけ使えれば追加でカートリッジを買う必要はないでしょうね。

 

フラッシュ脱毛器であっても中にはカートリッジが交換出来ないものもあるのでそういった機種に私は魅力を感じません。

照射面積が広くて処理が楽

トリアとケノンの比較でよく言われるのが照射範囲の違いです。
トリアの照射面積は直径1cm弱といったところ、しかも円形なので1平方cmもありません。 それに対しケノンの照射面積は2.5cm×3.7cmの9.25平方cmと圧倒的に大きいです。
ケノンなら1発で済む範囲でもトリアの場合10数発打たないといけません。
そのため脱毛処理の時間短縮、手軽さ、という点でケノンに部があります。

 

ただ、トリアはケノンと違ってチャージの時間がいらずピッピッピと連続で使用できるので10発打ったとしてもケノンの10倍の時間がかかるというわけではないです。
両方使ったことがある私の感覚ではそれでも大体ケノンの5倍位は時間がかかるんじゃないかと思います。

痛みが少ない

私の一番お気に入りな点がこれです。痛みの少なさです。トリアを使ったことがある方ならわかると思いますがレーザーの痛みって独特の痛みなんですよね。ビリっと電撃ショックを与えられたような痛みなんです。
その点ケノンの痛みはちょっと違います。
言葉で表現するのは難しいですが、ものすごく強い日差しを一瞬当てられたような感じ(痛みというよりアチッ!)って感じです。
なので保冷剤でアイシングしてあればほとんど痛みという痛みは感じません。
痛みに弱い人はケノンにしたほうがいいですよ。(トリアはほんと痛い)

美顔器としても使える

ケノンはカートリッジを換えれば美顔器としても使えるんです。エステでフォトフェイシャルってありますよね。あれができるんです。
エステでやってもらうとなるとかなりの金額になりますが、家庭でフェイスケアできるのはうれしい機能。

 

光のフラッシュはシミの元になるメラニンに働きかけ、シミやくすみにも効果があるそうですよ。
また、年齢を重ねると減ってくる、というコラーゲンですが、光美顔はこのコラーゲンの生成を促す効果もあるそうなのでシワやたるみのケアとしてもやる価値はありそうです。
まだ、3回ほどしか試していないので目に見えるほど効果は出てませんが、続けてみようかと思います。

トリアの特徴

ケノンの対抗馬トリアです。トリアはケノンとは違いレーザー方式の脱毛器です。おそらく国内で販売されてる脱毛器の中でレーザー方式を使ってるのはこのトリアのみです。
電源コードに差し込んで使うケノンとは違い、トリアは充電式のコードレスです。なのでどこに行っても使えるメリットがありますね。まー何処かへ持って行って脱毛するなんて事はあまりないとは思いますが・・・

 

ケノンより安い

ケノンかトリアで迷う一番の理由って値段ですよね。私はそうでした。ケノン7万円かー高けーなー、トリアは5万5千円かー、どうしようって感じで、
トリアはケノンより1万5千円暗い安く買えます。

 

そしてなによりちゃんと脱毛効果もあるし、FDA認可済みというお墨付きまで付いているという魅力たっぷりの脱毛器です。ケノンにこの価格差を越えるだけの良さがあるかがどちらにするかの比較ポイントとなってきますね。

照射回数が無制限

フラッシュ脱毛器はカートリッジに寿命があり交換が必要です(サロンで使われてる脱毛器も同じ)。レーザー脱毛器のトリアにはこの寿命が無く、ずっと交換無しで使えるメリットがあります。
ただ、トリアじはバッテリー方式なのでバッテリーの寿命があり、バッテリー交換となると約2万円が必要になります。
バッテリーの寿命の目安は約500回の充電ですので十分長持ちしてくれるので、さほと気にすることは無いかもしれません。
トリアもケノンと同じくランディングコストがほとんどかからない点は同じかなと思います。

照射面積が小さい

ケノンの場合、一発照射すると2秒くらいのチャージの時間が必要です。それがトリアの場合はチャージ時間がなく連続して照射する事ができます。
連続で次々照射できるのは便利なのですが、その分トリアは一回に照射できる面積がケノンに比べかなり小さく、ケノンと同じ範囲を脱毛処理するのに大体5倍位の時間がかかる印象です。
脱毛の照射は一回キリではありません。少なくとも同じ部位を5〜6回は脱毛する必要があるので、手軽さと言った面で。面倒くさいな〜と感じてしまうかもしれません。

コードレスだけど重い

トリアは充電式のコードレスです。中に電池が入ってるんですね。なのでその分重い(約600g)のがデメリットになってきます。
照射しやすい部位にはさほど重さも気になりませんが例えばモモの裏とか脇とか二の腕とか自分からよく見えない部分の照射ではちょっとイラッとしますね。
ケノンの場合、本体は本体で別にあるのでそういったことはありません。

痛みが強い

トリアは痛みが強いのが私にとって最大のネックでした。とにかく痛いです。脱毛した後は必ず手に汗をかいてしまうほどの痛みです。
医療レーザーもかなり痛みはあるそうなのでレーザー脱毛としてはしょうがないことなのかも知れませんが、ケノンとトリアで比較するならかなりトリアの方が痛いの確かです。
ちょっとケノンとは痛みの種類が違うんですよね。ケノンはアチっ!トリアはビリッ!といった感じです。

 

静電気が苦手って人は耐えられないかも。また、トリアは毎回痛みの度合いが違うんですよ。この安定しないイレギュラーな痛みって結構キツイです。

ケノンかトリアか迷った末に・・・

ムダ毛が気になり始めたのは、中学1年生の頃です。
周りの子もムダ毛の処理を始めたと聞き、私もと思いまずは足のムダ毛の処理から始めたのを覚えています。
まだ脱毛に関しての知識が全くなかったので、家にあるカミソリを使うことにしました。
ボディソープで体を洗うついでに、その泡を利用してムダ毛の処理を始めました。
カミソリで剃ってみて、こんなに簡単に毛がなくなるのかと驚きました。
次の日も剃った部分はさらさらで、ずっと触っていたくなるくらいです。
しかし、カミソリなので2、3日で生えてきてしまうのが困った点でした。
そのため、生えたら剃るを繰り返していました。

 

カミソリだけではすぐに生えてくるので、しばらくして毛抜きも使うようになりました。
足の毛は、足を出さないとできないので毛抜きは主に腕や指の毛の処理に使用しました。
毛抜きだとスッと抜けるので、それが気持ちよくて暇さえあれば毛を抜いていた気がします。
気持ちよく抜ける反面、箇所によっては痛いところもあったので、それさえ我慢できれば毛抜きを使うのもいいと思います。

 

社会人になって自分でお金を稼ぐようになってから、除毛クリームを使ったこともありました。
除毛ミルクというもので、ドラッグストアで1000円もかからなかったと思います。
使い方は簡単で、除毛したい箇所に塗って数分経ってからタオルでふき取るだけです。
除毛クリーム特有のにおいか分かりませんが、少し鼻にツンとくるような香りが気になりました。
使用感は、ところどころ毛がなくなってましたが、完全に除毛することはできませんでした。
これならカミソリを使ったほうが効率よく除毛することができます。

 

そして、今愛用しているのが家庭用脱毛器のケノンです。
インターネットで70000円だったので、決して安くはありませんがこれで脱毛できるのならと購入しました。
ケノンは全身の脱毛に使えるので、私は気になっている足、腕、脇に使用しました。
個人差がありますが、私は2か月ほどで毛が生えてこなくなりました。
使っていくうちに毛の生えるスピードが遅くなり、毛も細くなっていき目に見えて効果が実感できて嬉しかったです。
購入して9か月経ちますが、今ではほとんど毛が生えてきません。
やはり、使用しなくなると少しずつ細い毛が生えてきてしまうので、継続することが大事だと思います。
私はこれからもケノンを使い続け、ムダ毛のない綺麗な肌を保っていきたいです。

ケノンの中古は安いけど・・・

ケノンって家庭用脱毛器ではかなり人気で私の周りでもいいなー私も欲しいなーってよく言われます。ただ、みんなネックになってるのがお値段です。
7万円となると若い女子にはちょっと簡単に出せる金額ではないですからね。

 

で、ヤフオクで中古買おうかな、とか相談されたんですけどケノンは中古で買うのはおすすめじゃないです。というかやめときなって言いました。なぜなら中古だから保障がつかないことは当たり前だとしても、ケノンの中古を買っちゃうとカートリッジまで買えないことになってしまいます。

 

ケノンの販売店には購入した人のリストがあるようで、中古で買った人にはカートリッジを売らないことになってるそうなんです。ケノンのカートリッジは長持ちするのが特徴ではあるけども新型のカートリッジとかが出た時に使えないのは残念です。 中古で半額以下でケノンが買えるなら私も考えますが、ヤフオクの落札価格を見てると結構良いお値段がついてます。なのでよほど安くなければ中古で買うのはやめたほうがいいと思います。

 

 

気になる♪

わたし、お酒が大好きで毎日のように晩酌してます。ただ、年齢も年齢なので肝臓の事は心配^^;ということでしじみサプリを飲み始めることにしました。やっぱり肝臓とえいばシジミですよね。

 

 

 

メニュー